BLOG

記事一覧

みなさんこんにちは。Re:ReVe代表の五月雨です。
本当にお久しぶりです。…いや、本当に…
コミティア参加やら夏コミ落選やら、色々更新する機会はあったのですが、いかんせん色々とリアルが忙しく、結局夏休みに入ったこのタイミングになってしまいました。
これだから学生は…(違う)
まあ前置きはこのくらいにして、本題に入ります。
この度、いくつか報告と告知を。
少しずつTwitterでは言っていたのですが、ちゃんとした形にまとめられてなかったので書いていきます。


まず順番に。
コミティア124の報告から。
ゴールデンウイーク真っ只中の5月5日、東京ビッグサイトで行われたコミティア124にRe:ReVeとして初のサークル参加をしてきました。
頒布物自体は現在制作中のゲームではなく、私と神橋つむぎさんという方で書いた合同小説誌がメインで、ゲームの最新体験版を映像として流すということもしてました。
スペースは前々からTwitterで仲良くさせていただいている志室幸太郎さんという方の暦史書管理機構というサークルと今回合同スペースでした。(興味ある方は是非是非)
ゴールデンウイーク中、コミ1や歌姫庭園といったイベントのスタッフをせこせことやった上で、テンション最高潮で疲れMAXの状態で参加したイベントだったのですが、まずは純粋に楽しかったです。

けれど楽しいだけでなく、色々な課題も見つかったなぁと思いましたね。
まず、1番感じたのは知名度です。
Re:ReVeというサークルでイベントに参加したこと自体初めてでしたし、それは仕方のないことなんでしょうが、これから夏コミに向けて(この時点では)頑張っていくうえで、なんとか身内の人以外の興味をもっと引かないといけないなと…

ともかく、反省していることはあれど、後悔はしてません。
売り子を手伝ってくれたミロくん、合同スペースで色々と助けていただいた志室さん。そして来ていただいた方々、本当にありがとうございました!


そして、夏コミ云々です。
なんと、落選しました…まあ、今更って感じもしますが…
理由が純粋に書類ミスだったので…はい。猛省です…
自分1人で色々とイベント申し込みなどの業務を抱え込んでいたのが原因でした。
サークル内でも話し合い、これからはもっとみんなでちゃんと確認し合おうということになりました。
改めて、本当にすいませんでした。
冬コミこそは…!!


次に、じゃあ制作中のゲーム「あおはる☆にゅーげーむ」はいつリリースするのかというお話です。
これに関してもサークル内で話し合い、結論8月19日(日)に同じく東京ビッグサイトで開催されるコミティア125で頒布しようということになりました。
ということで、まずは夏関連の告知です。
夏コミ、C94には落選したのでRe:ReVeとしては参加はしませんが、知り合いのサークルさんにコミティア124で頒布した小説誌を委託させていただくことになりました!
感謝です…!
スペースは「2日目の東地区L40a」、サークル名「いろは」です!是非是非遊びに来てくださいね!

そして、8月19日(日)のコミティア125です。
こちらはスペースは「D07b」サークル名「Re:ReVe」で、(完成予定の)ギャルゲーを頒布する予定です。
小説誌も少数持ち込みますので、こちらもどうぞ。
詳しいお品書き、告知等はTwitterの方で。


そして最後、今後の大まかな予定です。
今後のRe:ReVeのイベントの参加予定は、

10月7日 コミックシティ
10月14日 コミック1
11月4日 サンシャインクリエイション
11月25日 コミティア126
12月29日 C95(冬コミ)

という感じです。
まだ未定の物、どうなるか決めかねているものもありますが、この半年間はイベントには精力的に参加していこうと思っているので、こうご期待です。

では、今日はこの辺で。
またコミティア前に「あおはる☆にゅーげーむ」の情報も含めて記事を更新すると思います。

それでは。

現在制作中のギャルゲー、「あおはる☆にゅーげーむ(仮)」の体験版を公開しました!

予告より遅れてしまい、申し訳ありません。

本体験版ではチャプター1.5までの内容をプレイしていただくことができます。

立ち絵、システム、シナリオ共にまだ「仮」ですので、本体験版から変更になる箇所もあります。

まだまだ荒削りではありますが、作品の雰囲気を知っていただけたら幸いです。

また、本体験版はPC、スマートフォン共にプレイ可能ですが、製品版はPC用ゲームとなりますのでご注意ください。

何かご意見ご質問等ありましたら、Twitter等でお声がけください。



【Credit】

▼ 音楽

http://amachamusic.chagasi.com/

甘茶の音楽工房 様

https://maoudamashii.jokersounds.com/

魔王魂 様

http://musmus.main.jp/

MusMus 様

▼ 背景素材

http://www5d.biglobe.ne.jp/~gakai/

きまぐれアフター 様

http://www.aj.undo.jp/

消失点 様

https://commons.nicovideo.jp/user/2644103

ビビット 様

http://mayuge00.web.fc2.com/

https://www.pixiv.net/member.php?id=1936230

神楽 様

http://www7b.biglobe.ne.jp/~osumashi/

しじみのおすまし 様

https://www.pixiv.net/member.php?id=511348

クロセンパイ 様

▼ プラグイン素材

https://triacontane.blogspot.jp/

トリアコンタン 様

http://yanfly.moe/

Yanfly 様

https://twitter.com/yanatsuki_

やな 様

http://ponidog.sakura.ne.jp/

ponidog 様

http://www.moonwhistle.org/

神無月サスケ 様

https://forums.rpgmakerweb.com/index.php?members/fogomax.74143/

Fogomax 様

https://atelierrgss.wordpress.com/

Atelier-Rgss 様

http://woodpenguin.blog.fc2.com/

木星ペンギン 様

http://r3jou.web.fc2.com/

きぎぬ 様

http://hato-neko.x0.com/

ハトネコエ 様

http://garasuzaikunomugen.web.fc2.com/index.html

riru 様

http://i.gmobb.jp/nekoma/rpg_tkool/

奏ねこま 様

http://hikimoki.sakura.ne.jp/

tomoaky 様

▼はじめに

初めまして。同人サークルRe:ReVeの代表の五月雨無夢です。

私たちRe:ReVeは2017年9月に結成し、コミケ等のイベントでのギャルゲーやオリジナル小説誌などの頒布を目指して活動しています。

メンバーは代表兼シナリオの五月雨無夢、イラストの海棠、システムのノモアの現役高校生3人です。

Re:ReVeという名前には、繰り返しを意味する「Re:」と、フランス語で夢を意味する「ReVe」を合わせて「あの夢を、もう1度」という意味が込められています。

これには、私たち高校生が今まさにリアルタイムで経験している青春を、プレイしていただいた方全てにもう1度味わっていただきたい。そんなメンバーの思いが詰まっています。

現役の高校生だからこそわかることがある、紡げるリアルな物語がある。

でもだからこそ、私たちはリアリティを求めながらも、誰もが胸をときめかせるようなストーリーを、そしてアッと驚くようなエンディングを作りたいと思っています。

そしてなにより美少女と、委員長と、後輩と、幼馴染と、文学少女と、ボクっ娘と、転校生と、双子と、そしてありとあらゆる可愛い子とイチャイチャしたい!!

ここまで真面目なことを書いておいて、こんなことを言ってしまうのはおかしいかもしれませんが、でも根幹にあるのはそれです!

だって、そんなのは当たり前です。物語を、そしてヒロインを愛さないといい作品は作れないからです!

それが同人活動であり、そしてRe:ReVeだと信じています。

現在は5月のコミティアでの「赤い糸(仮題)」という小説誌の発行と、8月の夏コミでの「あおはる☆にゅーげーむ(仮題)」というギャルゲーの頒布を目標に活動しています。

予定としては現在公開中の体験版に加え、5月ごろに体験版のバージョン2.0を、そして夏コミ前の7月中にβ版の限定公開を考えています。


▼作品概要

テーマはサークルと同じ「あの夢を、もう1度」で、タイトルは「あおはる☆にゅーげーむ(仮題)」です。

物語は記憶喪失になった主人公、相馬が3人の少女と出会うところから始まります。

それぞれ春奈、和葉、早苗と名乗る3人のヒロインと共に、相馬は自らの記憶を取り戻すために動き出します。

「私は相馬くんを放っておくことなんでできないし、それにやっぱり寂しいもん」

彼女らの優しさに助けられながら、忘れてしまった学校生活を送り、自分が何者だったかを探し求める相馬。

しかし夏休みに入り、3人と様々な思い出を作るうちに、相馬は彼女らの言っていることの歪みに気が付き始める。

「夏祭りに言った思い出も、一緒に星を見上げた思い出も、全てウソだったのか…?」

食い違う証言や蔓延する嘘に疑念を抱きながらも、それでも彼は彼女らに心惹かれていく……

偽善と思いやりが交錯し、やがてそれが彼女らの心をも動かしていく。

それがどんなエンディングにたどり着くのか、運命さえもその結末を知らぬまま――

詳しくは随時HPおよびTwitterにて公開していきますので、そちらをご覧ください。