Re:ReVe

記事一覧(3)

Re:ReVe & ストーリーについて

▼はじめに初めまして。同人サークルRe:ReVeの代表の五月雨無夢です。私たちRe:ReVeは2017年9月に結成し、コミケ等のイベントでのギャルゲーやオリジナル小説誌などの頒布を目指して活動しています。メンバーは代表兼シナリオの五月雨無夢、イラストの海棠、システムのノモアの現役高校生3人です。Re:ReVeという名前には、繰り返しを意味する「Re:」と、フランス語で夢を意味する「ReVe」を合わせて「あの夢を、もう1度」という意味が込められています。これには、私たち高校生が今まさにリアルタイムで経験している青春を、プレイしていただいた方全てにもう1度味わっていただきたい。そんなメンバーの思いが詰まっています。現役の高校生だからこそわかることがある、紡げるリアルな物語がある。でもだからこそ、私たちはリアリティを求めながらも、誰もが胸をときめかせるようなストーリーを、そしてアッと驚くようなエンディングを作りたいと思っています。そしてなにより美少女と、委員長と、後輩と、幼馴染と、文学少女と、ボクっ娘と、転校生と、双子と、そしてありとあらゆる可愛い子とイチャイチャしたい!!ここまで真面目なことを書いておいて、こんなことを言ってしまうのはおかしいかもしれませんが、でも根幹にあるのはそれです!だって、そんなのは当たり前です。物語を、そしてヒロインを愛さないといい作品は作れないからです!それが同人活動であり、そしてRe:ReVeだと信じています。現在は5月のコミティアでの「赤い糸(仮題)」という小説誌の発行と、8月の夏コミでの「あおはる☆にゅーげーむ(仮題)」というギャルゲーの頒布を目標に活動しています。予定としては現在公開中の体験版に加え、5月ごろに体験版のバージョン2.0を、そして夏コミ前の7月中にβ版の限定公開を考えています。